憧れのマイホームは絶対に注文住宅で、と考えている夫婦は少なくありません。それが夢であり、自分の設計した壁やデザイン、内装、そしてエクステリア、そのすべてを仕上げていくのは特別な体験になるでしょう。とはいえすべての部分に自分の理想をこだわるのはちょっと無理かもしれません。というのは予算に問題がないのであれば、それは可能ですが、どうしてもローンを組み、ぎりぎりの予算ということであれば、どこかの部分では妥協しなければならないのです。その点で、妥協したくないのはどこでしょうか。それは基礎や骨組み、コンクリートの厚さなど、実際には見えなくなってしまう部分です。日本は地震大国であり、大きな自信を避けるのは、ほとんど無理ではないかと見られており、地震のないエリアなどありません。そのため、地震で倒壊してしまうような家づくりではどうにもなりません。地震にも耐えるだけでの高耐久な住宅を建てることが必須であり、その点では妥協しないことです。