団地が取り壊され、広々とした土地に数十件の新築住宅を建てるという場所に親戚が家を持ちました。
その土地が出たばかりの頃に申し込んだため、注文住宅としてオリジナリティあふれる戸建てを建てました。
その区画で同じように注文住宅を建てたのは数件のみ
他はすべて建売だったため、似通った家が建ちならぶ街ができました。
駅から距離はあるものの、車必須の地域だったので、広々とした駐車場が売りですぐに建売も完売。
建売の中の注文住宅は少々目立ちましたが、逆に家がわかりやすく、建売にはないおしゃれな雰囲気も素敵でした。
他の建売住宅に住む方々は、似通った家に差をつけるため、プランター栽培や置物などの装飾、玄関ランプの増設やポストの取替など、住み始めてからのカスタマイズが多く見られます。
「うちのほうが素敵な家だ」と主張し合っている感じが、なんだか窮屈に感じました。
立地や金額など様々な理由から建売を選ぶ方も多いと思います。
しかし、カスタマイズに手間暇とお金をかけ、他との差別化合戦にストレスを感じるくらいなら、注文住宅の方が満足感もあり結果的に安価に済むことも少なくありません。
一生に一度の大きな買い物、理想の家を求めて注文住宅を検討することをおすすめします。