一戸建て住宅を建てる際には、貯金が一気になくなります。これまで貯めていた金額からすれば、かなり不安になるぐらいまで、貯金が一気に目減りします。けれど、「そういうものだ」と割り切ってください。

私が一戸建て住宅を経てた経験から言っても、実際に「そういうもの」なんですから。反対に、貯金が目減りするのが怖くて住宅ローンの借り入れ金額に頼る方が、場合によっては苦しい状況になりかねないということもありますからね。

定職に就いていて、そして今後も安定した収入が入る見通しがあるのでしたら、そこはもう貯金をドーンと使うことを私は支持したいのです。ただしもちろん、「安定している」とうことがとても重要な前提条件ですけれど。

とは言え貯金をゼロにしろとは言っていません。貯金をゼロにしてまで、住宅ローンの借り入れ金額をできるだけ減らすことを推奨しているわけではありませんから。

なお、目安になるかはわかりませんが、わが家は新車の軽自動車一台ぐらい買える金額は残しておきました。病院やリフォームなど、まとまったお金が必要となることもないとは言えませんからね。